サラフェプラス 効果ない

汗に関する基礎知識

汗っていったい何?

 

わたしってどうして汗かき体質なんだろう?
他の人より、ちょっとしたことで汗がたくさんでてしまう...
そのせいで、気になる悩みが増えてしまった!

 

サラフェプラスでわたしの汗っかきは改善されたけど、やっぱり気になるから調べてみることにしました!

 

汗って、そもそも体のどこから、何のために出ているんだろう?
そんな風に疑問に思ったことってありませんか?

 

汗の根本をたどると、血液に行きつくそうです。
わたしたちの血液には、生きるうえで大切な栄養素がたくさんふくまれていますが、この中から水分だけを取り出して体外に排出するのが「汗」なんだそうです。

 

では、なぜ、血液から水分だけを取り出し、汗として分泌するのでしょうか?

 

汗がでる体の仕組みとは!

 

わたしたちは気温が上昇したりちょっとした運動をすれば、体温や肌表面の温度が上がります。
からだ全体がとっても熱くなりますよね。

 

この場合、風邪を引いたときの発熱による熱さとはちがいますよ。

 

からだの温度が上昇すると、脳の視床下部という部分がその情報をキャッチして、からだじゅうの汗腺に「汗を出しなさい」という指示を出します。

 

一方で、発汗によって血中の濃度が濃くなる(血液の浸透圧が上昇してしまう)と汗を抑制するように働きかけることもあります。

 

体温があまりにも上がりすぎるとからだの組織や特に熱に弱い脳を守るために汗をだして体温を調節しているのです。

 

熱を効率的に外に逃がす発汗というメカニズムが人間が進化してきた過程の中で自然と発達したおかげでわたしたちは生きていけるというわけです。

 

また、これとは別に一時的な緊張や興奮といった心理的な要因から汗が出ることもあります。
こんなときは、よく足のうらやワキにどっと汗が出るのが特徴のようです。

 

脇汗、手汗、足汗、顔汗などは、ほとんどがこの心理的要因が影響しているようです。

 

いずれの理由による汗の仕組みも脳が体に指示を出すため、自分の意志で汗をコントロールすることはできないのです。
わたしたちには、時としてこれが一番厄介なお悩みの原因になってしまうのです。

 

汗っかきだと思っていたわたしは、単に緊張しやすい性格なだけなのかもしれませんね。